京都建築映像祭2022

京都建築映像祭2022

昨年の第1回目は、2021年に京都市京セラ美術館開館1周年記念「モダン建築の京都」展関連プログラムとして、モダン建築をテーマに据えた映画上映やトーク、イベントを京都市京セラ美術館をはじめ、京都文化博物館フィルムシアターなど、京都市内の各所にて開催しました。イギリスの建築史家/建築家コーリン・ロウの初公開となる幻の特別レクチャー映像や日本初上映の海外短編映画などまで、特にモダンムーブメント(近代建築運動)を様々なゲストを迎え哲学、 文学、歴史から読み解きました。

第2回となる今回のテーマは<来るべき建築のためにvol.1>

ル・コルビュジエの「ユニテ・ダビタシオン マルセイユ 」短編映像、メタボリズム(菊竹清訓のレクチャー映像、中銀カプセルタワービル・黒川紀章設計の記録映像、日本初上映のKAFFセレクト映画やスペシャル・トーク、また中銀カプセルを作る建築ペーパー・ワークショップ、また関連イベントも含め京都市内で行います。

京都建築映像祭オープニングイベント @Nuit Blanche
10月1日(土) 20:30-21:30 入場無料
アンスティチュ・フランセ関西-京都 稲畑ホール
 
✨
KAFF2022 ル・コルビュジエ 短編映像とピアノによるオープニング
 
終了しました。定員を設けておりませんでした。予想以上のご来場、満員となり、
立ち見の方はご協力いただきありがとうございました。ご来場ありがとうございました。
  

Webサイトはこちら⇩ 

https://nuitblanche.jp/events/festival-du-film-d-architecture-a-kyoto-2022

10/14日18:00- 19:30「メタボリズム、2022年からの視点」 

菊竹清訓『山陰と建築』 60mins

黒川紀章『中銀カプセルタワービル』 記録映像 9mins 

peatixチケット販売 → https://kaff2022-2.peatix.com

10/21日17:00-   中銀カプセルタワー・ペーパーワークショップ 有料    

peatixチケット販売 → https://kaff2022-3.peatix.com/

11/12 or 13    京都建築映像祭 京都国立近代美術館 講堂 有料 予約必要

11/20    「建築と音楽」 『John Cage と音響空間』 トーク:村井啓哲(サウンド・アーティスト)

12/18      京都文化博物館フィルムシアター 有料 予約必要

情報はこちらのページまたinstagram/kaff.jpやtwitter/vutter_kohenなどで随時更新していきます!

京都建築映像祭実行委員会として、ヴュッター公園はKohenメンバーとともにユニークな企画運営を行なっております。

引き続きよろしくお願いいたします。