《渡邊琢磨『ECTO』~徳澤青弦×千葉広樹によるサウンドトラック生演奏上映公演》

2019.10.26.

(c) MITO ARTS FOUNDATION

奇才・渡邊琢磨が初メガホンを執った中編アブストラクトホラー『ECTO』。
徳澤青弦(Vc)と千葉広樹(CB)の生演奏付きヴァージョンを初上演!

11/4(月・祝) 18:30開場/19:00開演
同志社大学寒梅館ハーディーホール
*市営地下鉄今出川駅下車、2番出口より北へ徒歩約2分

『ECTO』
監督・脚本・編集・音楽・効果:渡邊琢磨
抽象場面監督:TAKCOM
出演:染谷将太、川瀬陽太、佐津川愛美 
製作:水戸芸術館ACM劇場

僻遠にある植物園内を徘徊するエクト(染谷将太)は、自身の存在に違和感を持ち、ここを「冥界」だと断言する男(川瀬陽太)に不信感を抱いていた。ある日、植物園に勤める研究員(佐津川愛美)とエクトが邂逅し、事態は思いもよらぬ展開に…。

渡邊琢磨(わたなべたくま 音楽家)
宮城県仙台市出身。高校卒業後、米バークリー音楽大学へ留学。2000年初頭、ニューヨークにてプロデューサー・キップ・ハンラハンとの共同制作でアルバムをリリース。同レコーディングには、映像作家ジョナス・メカスらが参加した。2007年、デヴィッド・シルヴィアンからの要請で18カ国30公演のワールドツアーにメンバーとして同行。2014年、渡邊自身が主催する弦楽アンサンブルを結成。自身の活動と並行して映画音楽、舞台音楽など多岐に手がける。https://www.takumawatanabe.com/

料金(当日のみ/全席自由席):一般3000円、25歳以下1500円*要証明書

主催:同志社大学今出川校地学生支援課
共催:ヴュッター公園